引越し見積もりを比較して最もお得な会社で引越ししましょう。

引越し料金って一律同じ料金だと思っていませんか?。あるいは、会社が違うと料金は違うとは思うけれど、会社が同じなら同じ料金だと思っていないでしょうか?

sendai (15)

 

引越し慣れしている人なら安かったり高かったりするのはどうして?なんて経験をすることもあると思いますのでお分かりだと思いますが、でも、そうそう一般の人は引越しを何度もするものではありませんよね。なので意外に引越し料金は変動するものということを知らない方が多いのです。

一番高い時期は就職や転勤、進学が重なる3月の頃となります。人員の増員のためにアルバイトを雇ったりする人件費などが加算されたりするのが要因と言われていますが、本当のところは分かりません。引っ越す側からすると、業者からやって来る作業員が臨時アルバイトでサービスの質が低下するにもかかわらず料金が高いなんて理不尽!という感じがしますがね^^;

この変動する引越の見積もりを各社比較すると、その料金の差にビックリするほど開きがあることもあるようです。多少、ボッタクリが入っているのか?と思うケースも本当にあるんですね。なので見積もりの比較は必須となるのが引越しなのです。

でも面倒過ぎる!と思ったあなたはきっと「引越し見積もり一括取得サービス」を知らない方だと思います。

sendai (16)

「引越し見積もり一括取得サービス」とは?

  • 無料で利用できます。
  • 最短1分というわずかな手間の入力で全てが完了します。
  • 一度に10社程度から見積もりを取得することができます。

この「引越し見積もり一括取得サービス」に登録している業者はテレビCMでもお馴染みのサカイ引越センターや日通、アート引越センターなどの超大手をはじめ、各地域の優良業者まで全国100社を遥かに超える引越し業者が参加しています。

sendai (17)

賃貸マンション・アパートの方は

たとえば関東の神奈川県から関西の京都へ引越しを決めた方がいらっしゃると仮定します。引越しを考えている方のなかには、神奈川県の川崎市や横浜市の賃貸マンションやアパートに住んでいるという方もいらっしゃいますよね。京都へ引越しすることが決まったら大家さんや管理会社、不動産仲介業者に退室をする旨を知らせます。賃貸マンション・アパートによって解約を伝える時期が違うので、必ず賃貸契約書を確認してください。

sendai (11)

一般的には1ヶ月前に行うことになっていますが、契約書によっては二ヶ月前、三ヶ月前というところもあります。契約書に書かれていない場合や契約書を紛失してしまった場合は、法律で三ヶ月前に告知することになっています。退室と新居契約をするタイミングが悪いと家賃を二重に支払うことになってしまうので、引越しの時期は計画的に行いましょう。一番良いのは今住んでいるマンション・アパートの退去日に新居入居の契約を結ぶことなのですが、これはなかなか難しいので二重支払いは覚悟しておいたほうが良いですね。賃貸マンション・アパートによっては端数の日数や一ヶ月の賃貸料金は無料となっている物件もあるので、探してみてはどうでしょうか?

ちなみにキープできる期間は一般的には1ヶ月となっています。もし、良い物件を見つけたときは早めに契約を結ぶほうが良いでしょう。そして良い物件が見つかったら引越しの日取りを決めましょう。引越しの代金を安くするコツは複数の業者見積りを比較することです。土日や月末を避ける、繁忙期を避けるなどすると費用がかなり安くなりますので覚えておくと良いと思いますよ。

コメントは受け付けていません。